年収アップをする方法

給与交渉をして年収アップする

給与交渉をして年収アップする

年収アップを願う人は多いと思いますが、特になにも行動を起こさないままで年収アップは難しいでしょう。

 

年収アップを転職することで実現したいなら、自分のそれまでの業績データなどを準備してから、給与の交渉に臨むようにしましょう。

 

では年収をアップさせる為には、どう給与交渉を進められるのでしょうか。

 

今までの職場で何かの実績があるなら、年収アップは少し期待できるでしょう。

 

ほとんどの場合は、内定が出てから給与の交渉に臨むようです。

 

面接において給与の話をしてしまうと、評価が低くなるようです。

 

能力の高い人材であれば、会社側も年収をアップさせることに何の迷いもないでしょう。

 

年収が高くても自分の会社に入ってほしいと思わせる人間になることも重要です。

 

給与交渉での重要な点は、会社への貢献がわかるようなデータを示すことができるのかどうかということです。

 

それは複雑でない、一目で評価ができるシンプルな内容を心掛けましょう。

 

どれだけ真面目に仕事をしていても、データとして示せなくては無駄でしょう。

 

一方、業績が無い・データとして提出できない場合などは、給与交渉を行なわないほうがよいでしょう。

 

まず、今までの業績を自己分析し、望んでいる年収アップは釣り合いが取れているのかをしっかりと見極めなければなりません。

 

給与の交渉においては、歩み寄る形で終わることが多い為に、交渉初めの金額は希望金額より多めの金額で提示しましょう。

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ